お早う御座います。
劇団EOEの真生で御座います。

「本気で怒っているように見えない」という理由は
「行動が小さい」からです。

前回はそんな内容でした。

御客様に自身の行動を認識いただく為には
行動を大きくする必要がある。
そんな話をお届けしました。

今日は、またその続きをお届けしたいと思います。

例えば、スイカを見て、「美味しそう」と言うというシーンがあって
演じてみたら、「もっと美味しそうに言って」と要求されたとします。

この時、行動を大きくするというのも一手ですが、
その前に改めて考えることがあります。

それは、相手の求める「美味しそう」という思い程度に
自分がスイカに対して「美味しそう」と思っているか、ということです。

例えば、劇団EOEの卒業生には、スイカが苦手な人間がいます。彼女はどうやっても、スイカを美味しそうと思わないでしょう。
そんな状態で、普通に演じても結果は出せません。

そう言えば、彼女は甘いものとお酒が大好きです。
それでは、スイカではなく、チョコレートを目の前に置いて演じさせればどうでしょう?
恐らく、先ほどよりは、より美味しそうに
「美味しそう」という台詞をいうでしょう。

というように、相手が求めるレベルに達するには
自分にとっては、それが何に当てはまるのか「自分ごと」として考える必要があります。

勿論、自分の一番好きなものを想像して演じても
それでもまだ美味しそうに見えないと言われることもあるかもしれません。

ですが、そんな時だって「自分ごと」です。
例えばですが、丸三日何も食べていない状態で
自分の好きなものが目の前にあったら。
そんな時の「美味しそう」という言葉は、大きな感動とともに発せられるものでしょう。

ちなみに、私は病気で、固形物を8日間、口に出来なかったことがあります。
その後で、最初に固形物を口にした時の美味しさの感動は未だに覚えています。

ともかく、自分が一番好きなものを想定したとしても
それでも、もっと美味しそうにと要求されるのであれば
自分が一番好きなものを、もっともっと美味しく思う状況は難だろうと
「自分ごと」して考えることは大切なことだと思うのです。

今の状況を「自分ごと」として考え、そして行動を大きくする。

それだけでもあなたの演技は激変すると思うのです。
コメント
コメントする