こんにちは。
劇団EOEの真生で御座います。

昨日のブログでは
「小・小劇団」の劇団EOEとともにご自身も成長していきませんか?
という話を行ないました。

今日はこのことについて
もう少し話を進めてみたいと思います。

このブログでも、何度も取り上げていますように
役者を目指そうと、何かしらの組織体系に入るのであれば
養成所、芸能事務所、劇団の3つがすぐに浮かぶと思います。

養成所、芸能事務所、劇団とこれらの組織体系は、全て名前が違います。
名前が違うということは
それぞれが別の目的をもって作られているということになります。

そこで、こちらも改めてとなりますが
これらの組織体系の、それぞれの目的を簡単に列挙しますと

養成所
養成所が生徒の要求するスキルを学べる環境を提供し、その対価を得る

芸能事務所
テレビ局や映画会社が要求する人間を提供し、その対価を得る

劇団
お客様が要求する作品を提供し、その対価を得る

となります。

勿論、それぞれの組織体系が、他の組織体系と重なる部分もあります。
例えばですが、芸能事務所でも、劇団でも
スキルを学べる環境を用意している場合も御座います。
実際に劇団EOEも用意していますし。

だから、ここで述べた目的というのは
何よりも優先される「第一目的」といった方がいいかもしれません。

ここで劇団に話を戻すと
劇団の「第一目的」は「お客様が要求する作品を提供し、その対価を得る」
ということになります。

つまり、劇団は、お客様により良い作品を提供する場所であり
自分が成長するためや、自分が売れるための場所ではないということです。

ということは、劇団に入るということは
そこに入団する個人のメリットがないのでしょうか。

そう聞かれますと
「そんなことはありません。」と私は断言します。

というのも、劇団が成長すれば
その劇団に所属する人間もメリットが生まれるからです。

例えばですが
自分が所属する劇団が有名になれば
その劇団に所属している人間に対する周囲の目は明らかに変わるでしょう。

それに、劇団がそもそも成長するには
その劇団に所属している人間が成長するしかありません。
となれば、劇団が成長したということは
その劇団に所属している人間が成長しているということになります。

所属している人間も成長しているとすれば
その劇団に所属する人間にもメリットが生まれたといえると思うのです。

劇団が成長することで、自分も成長する。
自分が成長することで、劇団も成長する。

あるいは

他の劇団員が成長することで、自分も成長する。
自分が成長することで、他の劇団員も成長する。

とも言えるでしょうか。

このように、皆で成長していこうという部分は
劇団に所属したからこそ味わえる経験だと思うのです。
ちょっと古臭い感覚かもしれませんが
自分ひとりで勝ち取れるものよりも
皆で勝ち取ったものは、喜びも倍増すると思うのです。

昨日もお伝えしましたように
今の劇団EOEは、「第2章」を迎えるにあたって
本当に小さな、小さな小劇団です。

でも、だからこそ、ここから成長していく可能性を秘めていると思います。
否、成長させます。

最低週4日の稽古をみっちり積んで
皆でしっかりと汗を流して
皆で着実に成長出来る。
劇団EOEは、そんな環境だと思うのです。

時代と逆行した考え方かもしれませんが
稽古を積むことで得られたスキルは
どんな現場に行ったとしても重宝されると思うのです。

ですので、みっちりと稽古を積んで
皆と一緒にしっかりと成長していきたいという方
劇団EOEに是非ご入団下さいませ。
 

体験

コメント
コメントする